グリーン投資減税

何を重視するか決める

太陽光発電を設置する前に、何を一番重視するかを決めましょう。
基本的な軸は「設置するメーカー選び」「モジュール選び」「施工販売店選び」の3点です。
それを踏まえ、ジャンル別にまとめましたので参考にしてください。

 

1.初期投資費用をできるだけ安くしたい。
最初に掛かる初期投資費用をできるだけ安くしたい方はご自分で太陽光発電を購入しなくても、現在は「屋根貸し」「太陽光発電のリース」という手段もございます。
ただ、最初に頭に入れてもらいたいのが、
「屋根貸し」「太陽光発電のリース」利益が通常よりもかなり少ないという事です。
その理由は別コンテンツにて詳しく説明していますので、よろしければご確認ください。
屋根貸し

 

メーカー選びに関しましては、海外のメーカーをお選びいただければ、安く設置することが可能です。
また、国内ではソーラーフロンティアが比較的安く設置出来ます。
初期投資費用を安く抑えたい場合は海外のメーカー、またはソーラーフロンティアをお選びください。
ただ、海外のメーカーは国内の厳しい基準をクリアしたメーカーとはまったく違いますので私はオススメはしません。
モジュールに関しては単結晶よりも安価な多結晶シリコン型をオススメします。
そして施工販売店選びに関しては一括見積りサイトを利用ください。1番安い施工販売店を見つけられます。
住宅用の太陽光発電一括見積り比較サイト【タイナビ】

 

産業用の太陽光発電一括見積り比較サイト【タイナビNEXT】

 

2.年間の売電量を重視する。
初期投資費用が多少かかっても、年間の売電量が多い太陽光発電を設置したい場合
実発電量が一番多い化合物系(CIS系)を使用するか変換効率が高い単結晶シリコン型をオススメします。
化合物系(CIS系)のモジュールはソーラーフロンティア、ホンダソルテック、長州産業
単結晶シリコン型はヒットシリーズで定評のあるパナソニック、長州産業をオススメします。
そして施工販売店選びに関しては一括見積りサイトを利用ください。1番安い施工販売店を見つけられます。
住宅用の太陽光発電一括見積り比較サイト【タイナビ】

 

産業用の太陽光発電一括見積り比較サイト【タイナビNEXT】

 

3.保証、安心を重視する。
基本的に保証の面に関しましては「住宅用」と「産業用」では大きく異なります。
詳しくは「その5.保証内容を把握する」のコンテンツで説明していますのでご確認ください。

その5.保証内容を把握する

 

まずは無料で販売店へ見積もりを取りませんか?

グリーン投資減税が、

御社にとってどれだけの節税効果をもたらすのか?

 

太陽光発電によってどれだけの収入を得る事が出来るのか?

グリーン投資減税

実際に販売店へ見積もりを取ることで簡単にわかります。

グリーン投資減税

しかし、全国には太陽光発電の施工販売店が数百あり、どの販売店へ頼めばよいのか、どのメーカーのものを設置すればよいか判断する事は大変困難です。

グリーン投資減税

そこで太陽光発電一括見積もりが優良販売店探しをお手伝いしてくれます。

グリーン投資減税

⇒実際にどれほどの利益を出してくれるのかすぐにわかる!無料で複数社から一括見積もり

 

無料で複数の販売店から見積もりをもらえるので、グリーン投資減税を受けた場合のシュミレーションを最大5社から受け取る事が出来ます。
あわせて、太陽光発電システムの価格や補償などを比較する事が出来るので一石二鳥です。

※既に100万人以上の方が利用しているタイナビは業界ナンバーワンですので、安心して見積もり依頼をする事が出来ます。

 

 

 

 

【おすすめ記事】

個人事業主の方必見!グリーン投資減税の『落とし穴』

太陽光発電はこんなに儲かる?

100%即時償却とは?

30%特別償却とは?

即時償却と税額控除どちらが効果的?

グリーン投資減税枠でなぜ太陽光なのか?

土地付き太陽光発電の「総合検索サイト」がオープンしました。

サルでもわかるグリーン投資減税!【トップページ】


ホーム 減税の『落とし穴』とは? 『風力』じゃなく『太陽光』? 太陽光発電はこんなに儲かる!