グリーン投資減税

メンテナンス費用

モジュールの寿命
モジュールの寿命は、各メーカーが発表しているところでは20年以上となっており、モジュールについては最低でも10年、長いところだと25年ものモジュール出力保証が付けられています。

 

パワーコンディショナーの寿命
モジュールでつくられた直流電気を交流電気に変換するパワーコンディショナーの寿命は、モジュールよりも短く、10年〜15年と言われており、モジュールの20年よりは短いのと、メーカー保証も1年程度に設定されている事が多いので、10年での入れ替え費用(30万円前後)は見込んでおく必要があるでしょう。

 

太陽光発電システムの法定耐用年数
太陽光発電システムの法定耐用年数は9年もしくは17年と言われています。耐用年数とは、減価償却の対象となる資産の利用可能な年数のことで、減価償却資産を適正に費用配分するための年数のことです。
これは国税庁WEBサイト「質疑応答事例(法人税)/風力・太陽光発電システムの耐用年数について」 における記載内容より引用していますが、所轄官の税務署によっては「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」で「23 輸送用機械器具製造業用設備」の9年が適用されるというように法定耐用年数の見解が異なる場合もありますので、詳しくは納税時にご確認頂くことをおすすめ致します。

 

以下をまとめますと
モジュールの出力は年数に比例し若干低下しますが、日本製のものでしたら交換する必要なく20年以上使えます。
モジュール自体のメンテナンスは基本的に必要ありません。出力の低下を感じましたら鳥の糞や落ち葉などないか確認し、モジュールの汚れをふき取ってください。
パワーコンディショナーは交換する必要があり。入れ替え費用(30万円前後)
こちらの費用だけで20年間乗り越えることができます。
初期費用を安く導入すれば7.8年で回収でき、残りの13.14年は丸々利益になります。

 

まずは無料で販売店へ見積もりを取りませんか?

グリーン投資減税が、

御社にとってどれだけの節税効果をもたらすのか?

 

太陽光発電によってどれだけの収入を得る事が出来るのか?

グリーン投資減税

実際に販売店へ見積もりを取ることで簡単にわかります。

グリーン投資減税

しかし、全国には太陽光発電の施工販売店が数百あり、どの販売店へ頼めばよいのか、どのメーカーのものを設置すればよいか判断する事は大変困難です。

グリーン投資減税

そこで太陽光発電一括見積もりが優良販売店探しをお手伝いしてくれます。

グリーン投資減税

⇒実際にどれほどの利益を出してくれるのかすぐにわかる!無料で複数社から一括見積もり

 

無料で複数の販売店から見積もりをもらえるので、グリーン投資減税を受けた場合のシュミレーションを最大5社から受け取る事が出来ます。
あわせて、太陽光発電システムの価格や補償などを比較する事が出来るので一石二鳥です。

※既に100万人以上の方が利用しているタイナビは業界ナンバーワンですので、安心して見積もり依頼をする事が出来ます。

 

別サイトでも太陽光発電のメンテナンス費用について解説していますのでこちらも参照下さい。
太陽光発電メンテナンス費用&点検項目比較サイト

 

 

【おすすめ記事】

個人事業主の方必見!グリーン投資減税の『落とし穴』

太陽光発電はこんなに儲かる?

100%即時償却とは?

30%特別償却とは?

即時償却と税額控除どちらが効果的?

グリーン投資減税枠でなぜ太陽光なのか?

土地付き太陽光発電の「総合検索サイト」がオープンしました。

サルでもわかるグリーン投資減税!【トップページ】


ホーム 減税の『落とし穴』とは? 『風力』じゃなく『太陽光』? 太陽光発電はこんなに儲かる!