グリーン投資減税

グリーン投資減税 特別償却

サルでもわかるグリーン投資減税でも詳しく解説していますが、100%即時償却のみ適応期限が平成27年3月31日となっており、7%税額控除と、この30%特別償却は平成28年3月31日となっています。

7%税額控除     適応期限=平成28年3月31
30%特別償却    適応期限=平成28年3月31
100%即時償却   適応期限=平成27年3月31

これは私の予想ですが、7%税額控除と、この30%特別償却の期限は延長されると思います。
それを考えると、グリーン投資減税の基本的な優遇償却率として考えられます。こちらも、初年度において大きな節税効果が見込まれます。

 

適応例

 

これは設備償却の内容になりますが通常設備償却は設備取得額÷耐用年数という計算式で償却されます。
太陽光発電所の耐用年数は15〜17年といわれてます(管轄の税務署によって異なります。)

 

15年で償却するとした場合、

グリーン投資減税

初年度に30%を設備償却できる制度なので600万円の節税になります。
2年目以降は残った70%を償却していきます。

 

従来より、太陽光発電設備については、固定資産税が、取得価格に対して、耐用年数(太陽光発電の法定耐用年数17年)に応じた、財務省の定める原価率をかけ算出した額を課税標準とし、税率1.4%で暦年の初めの所有者に課税されます。

 

平成24年度の税制改正大綱では、固定買取法の対象となる設備認定をうけた、再生可能エネルギー(太陽光発電、風力、水力、地熱、バイオマス のみ)の設備を取得する場合に対しては、

 

●その設備に係る固定資産税に対して
課税標準を最初の3年間は、価格の2/3とする(固定資産税が1/3程度軽減)この措置は、2カ年実施する

 

●即ち、一定期間・2カ年(平成24年4月1日から平成26年3月31日まで)の間に取得し、固定買取法設備認定を受けその事業に供する(平成24年7月1日から平成26年3月31日)こと。

 

100%即時償却が出てくるまでは、30%特別償却と、7%税額控除の選択しかありませんでした。
当時利益を償却したい方は、この30%特別償却を選んでいましたが、100%即時償却が追加されてからは、利益償却のメインは100%即時償却になっているのが現状です。

 

 

グリーン投資減税が自社にどれだけのメリットをもたらすのか、正確で具体的な数字が欲しい!

出来るだけわかりやすく書いたつもりでしたが、

「特別償却」の記事では、「つたない解説」で分かりにくい部分もあったかと思います。

グリーン投資減税メリット

それに加え、結局のところどれほどの節税効果を自社にもたらしてくれるか正確にはわからないと思います。
なぜならば導入する太陽光発電の規模や初期費用をあわせて考える必要があるからです。

 

そこで、太陽光の一括見積もりを利用すれば、

グリーン投資減税 個人事業主

『無料で』・『簡単に』・『時間をかけずに』グリーン投資減税の効果を見積もって、すぐにメールか郵送で送付してくれます。

グリーン投資減税 個人事業主

資料集めに最適な太陽光発電の一括見積もりです。

⇒グリーン投資減税があなたにどれだけメリットをもたらすかすぐに分かる!無料で優良販売店複数社へ一括見積もり

 

全国の販売店から依頼者の住所付近の優良販売店最大5社が、太陽光発電の見積もりと共に、グリーン投資減税が適応されるかどうか税務署に判断してもらう為の資料『図面・計画資料』をメールか郵送で送ってくれます。全て無料です。
太陽光発電の価格も相場も比較出来て一石二鳥です。

 

 

 

【おすすめ記事】

個人事業主の方必見!グリーン投資減税の『落とし穴』

太陽光発電はこんなに儲かる?

100%即時償却とは?

即時償却と税額控除どちらが効果的?

グリーン投資減税枠でなぜ太陽光なのか?

土地付き太陽光発電の「総合検索サイト」がオープンしました。

サルでもわかるグリーン投資減税!【トップページ】


ホーム 減税の『落とし穴』とは? 『風力』じゃなく『太陽光』? 太陽光発電はこんなに儲かる!